納入事例

千葉中央港旅客船桟橋 (千葉市) | 千葉県

2017.07.27
2016年、千葉県の中央港地区にオープンした
「千葉中央港旅客船桟橋」と「旅客船ターミナル複合施設
ケーズハーバー」。観光船等が運行されレストランや
カフェなどのお店が揃っています。

桟橋周辺にはベンチ、そしてユニバーサルデザインの
手すりが設置されるなど、たくさんの人が憩える環境が整えられ、
水辺のロケーションを活かした観光スポットとして賑わっています。

※「ベンチ」「手すり」をクリックすると製品情報がご覧いただけます。

千葉中央港旅客船桟橋 (千葉市)の写真

城之内築山公園(長生村) | 千葉県

2017.01.31
九十九里海岸に面した長生村の城之内築山公園は津波発生時の
避難場所として2015年にオープンしました。スロープもあり車椅子
でも利用しやすく、10メートル級の津波にも対応。テントが設営でき
る防災パーゴラや四阿、かまどスツール、防災倉庫などが設置され
ています。

城之内築山公園(長生村)の写真

道の駅 季楽里あさひ(旭市) | 千葉県

2016.12.22
1993年の誕生以来、観光客誘致や地域振興を担ってきた「道の駅」。
現在、全国で1000か所を超え、単なる休憩施設というだけでなく
住民サービスや防災拠点など、さまざまな役割を求められています。
「季楽里あさひ」も遊具ベンチの他、ステージを設け、さまざまな
イベントを開催するなど地域の活性化に貢献しています。

道の駅 季楽里あさひ(旭市)の写真

上総更級公園 (市原市) | 千葉県

2016.01.14
市原市の更級地区は更級日記の作者に縁ある地。上総更級公園は
99000?mの広大な敷地に芝生広場や軽スポーツ広場、幼児コーナー、
多目的ホールなど四季をとおして、だれもが充実した時間を過ごせる
公園です。芝生広場には健康器具。また、ソーラー照明付きで軒下に
テントを収納し、災害時にはテント設営できる災害対応四阿をはじめ、
災害時の拠点となる機能を備えた製品が設置されています。



上総更級公園 (市原市)の写真

館山自動車道 市原SA (上り・下り) | 千葉県

2015.08.18
市原SAは南国の雰囲気が楽しめる、海に面した千葉県ならではの
サービスエリアです。単に休憩する場所から、買い物や食事などを
目的にわざわざ立ち寄る場所へと変貌を遂げているサービスエリア
の快適化にベンチやパーゴラなどのエクステリアが活躍しています。





館山自動車道 市原SA (上り・下り)の写真

新松戸中央公園 (松戸市) | 千葉県

2014.12.17
新松戸公園は遊具エリアと、なにもない広場のエリアとがある公園です。
この広場では主に、グランドゴルフやゲートボールが行われていて、
元気な高齢者がたくさん集まります。散歩やウォーキングのコースでも
あり、たくさんの人が公園を通り過ぎていくなど、目立たないけれど、
みんなに親しまれている公園。そんな雰囲気が感じられる公園です。
ここに設置された健康器具「フィットネスエイジ」はシルバー世代が楽しく
利用できる、より細やかに運動の質にこだわったシリーズです。

新松戸中央公園 (松戸市)の写真

うるいど自然公園 (市原市) | 千葉県

2014.03.15
里山の地形を活かした区域は自然環境を楽しむ方々の
憩いの場となり、造成された区域には遊具や広場など
を設けるなどさまざまな利用目的に応えることができ
公園となっています。こんなシーンにはベーシック
な公園施設がぴったり木質感のある合成木材仕様の
はプラスチックの素材感が強いタイプにはない風合い
で自然環境と調和します



うるいど自然公園 (市原市)の写真

  • 1

pagetop