ホーム納入事例

納入事例

うるいど自然公園 (市原市) | 千葉県

2014.03.15
里山の地形を活かした区域は自然環境を楽しむ方々の
憩いの場となり、造成された区域には遊具や広場など
を設けるなどさまざまな利用目的に応えることができ
公園となっています。こんなシーンにはベーシック
な公園施設がぴったり木質感のある合成木材仕様の
はプラスチックの素材感が強いタイプにはない風合い
で自然環境と調和します



うるいど自然公園 (市原市)の写真

蟹ヶ谷第3公園 (川崎市) | 神奈川県

2014.02.24
アースカラーの配色を施した鉄棒やコンビネーション遊具恐竜を模した
新しい感覚のジャングルジム型遊具などを設置。近くには幼児が安心して
遊べる動かないカバの遊具すべり台設置した幼児向け広場があります。
用途や場面により遊具の種類、配色をアレンジすることで遊び場の表情も
変わります。シェルターベンチは子どもを見守る保護者散歩の方の
スペースとして、また、子ども達もおしゃべりゲームなどを楽しむ
スペーとして活用しています。

蟹ヶ谷第3公園 (川崎市)の写真

尾山台団地 (上尾市) | 埼玉県

2014.02.12
埼玉県上尾市の尾山台団地内にある広場に設置した防災施設です。
通りに面した場所には各施設を解説したメッセージサインを設置。
普段は災害への心がまえを啓蒙する役目を担い、災害時にはサイン
部分を開くことで、安否確認の紙を貼付したりするメッセージボー
ドとして利用できます。
災害時にはおおきな寸胴鍋も安心して使用できるゆとりサイズの
スペースを創出するかまどベンチ(特注品)。内部は耐火レンガ仕様で
安全性を高めています。
災害用トイレは洋式のユニバーサルタイプで地中にはタンクが埋め
込んであります。また、ソーラー照明灯を設置することで災害に
より電源が断たれても広場が暗闇になることはありません。
広場は普段、憩いのスペースとして活用されています。

尾山台団地 (上尾市)の写真

十王パノラマ公園 (日立市) | 茨城県

2014.01.28
十王パノラマ公園は茨城県日立市の北部の海側に迫った山地にあり、
平成5年に完成した十王ダムとともに整備された市営公園です。
園内には約400本の桜が植えられ、桜の名所としても知られています。
今回は斜面にローラースライダーとともにあった老朽化した遊具の
リニューアル。新しい遊具へバトンタッチ。ゆたかな自然の
なかの限られた敷地と地形を活かし、色彩や雰囲気も周辺の環境に
調和するよう心がけたコンビネーション遊具に生まれ変わりました。
また、海に近いということからアルミ合金製の支柱をはじめ重厚な
構造の仕様にすることで耐久性の面でも安心・安全に留意しています。

十王パノラマ公園 (日立市)の写真

竪川河川敷公園 (江東区) | 東京都

2014.01.23
竪川河川敷公園は首都高速7号小松川線の下にある延長2.1?の園内に、
健康遊具広場やゲートボール広場、遊具、フットサルなどの
施設が並んでいます。夏にはカヤックやカヌーの体験教室も開かれるなど、
雨の日でも利用きるという特徴を持ちつつ、河川敷という立地も活かした
水と親しめる公園となっています。コンクリートに囲まれながらも和風の
四阿ならではの落ち着いた雰囲気で憩いの空間を演出しています。

竪川河川敷公園 (江東区)の写真

筑波大学ラグビー場 (つくば市) | 茨城県

2014.01.11
日本を代表する大学ラグビーの強豪校のひとつに数えられる
筑波大学ラグビー部。そんな筑波大学のラグビー場のスタンド
ベンチを単座と連座タイプでリニューアルしました。
奥行を短くしたことでスタンドがすっきりとした印象になる
コンパクトタイプの単座と、耐久性や美観などすべての品質を
高めた発泡PVCの連座タイプを設置。太陽の光を受けたスタンド
ベンチがラグビー部の栄光を称えるかのように、冬の澄んだ青空へ
輝きを放っていました。

筑波大学ラグビー場 (つくば市)の写真

皇居外苑 | 公園

2013.12.18
皇居外苑にもっとも近い駅は地下鉄千代田線の二重橋前駅ですが、
JRの東京駅からも歩いてすぐ。近年、東京駅周辺は再開発がすすみ、
多くの商業施設が新たにオープン。活気に満ちています。
そんな活気とは対照的に、皇居外苑は都会の真ん中にも関わらず
静かでとても落ち着いた、ここでしか感じることのできないような、
そんな時間と景観が迎えてくれる場所です。

皇居外苑の写真

国営昭和記念公園 (立川市) | 東京都

2013.11.20
イチョウの木が点在する場所に、新たなバリアフリータイプの遊具が
完成しました。もともと、この場所には中村製作所が20年ほど前に
はじめて車椅子対応の遊具を設置した場所でもあります。
階段とは別にゆるやかなスロープがありことで、車椅子の利用者や
幼児が遊具に取り付きやすくなっています。遊具全体を街にみたて、
小山と船着場があり、その近くには機関車を模した遊具を配置。また、
点字と触地図のサインは健常者にも、この遊具のコンセプトを伝える
役割も果たします。
緑のすべり台が付いたタワーのような遊具は今年の春に設置しました。
こちらは児童向け遊具です。どちらの遊具も木々が点在する設置環境の
なか、遊具としての楽しさや存在感を損なわない遊びの構成を巧みに
配置しています。バリアフリータイプの遊具は「みんなの原っぱ」
南の「わんぱく遊具」に、タワーの遊具は「子どもの森」に
設置されています。

国営昭和記念公園 (立川市)の写真

越前堀児童公園 ほか (中央区) | 東京都

2013.10.25
合成木材にはない「植える→育てる→伐採する」というシンプルでだれもが
わかる木材のサイクル。わたしたちは半世紀近く前から循環型資源である
木材を国内の間伐材をベンチなどの素材として使用してきました。
東京都中央区では東京近郊にある森林地区と森林保全に関する協定を締結。
その地区から産出され間伐材を街路樹の支柱や公園のベンチとして
活用しています。わたしたちはこれからも「すべての快適環境の創造に
貢献する」を社是に掲げる企業として木材にこだわり、国土の保全や
地球温暖化の防止などに貢献する間伐材等の利用、推進のニーズに
お応えしていきます。



越前堀児童公園 ほか (中央区)の写真

霞ケ浦緑地 (四日市市) | 三重県

2013.10.03
海岸線に沿って南北に伸びる公園です。南側にはスポーツ施設があり、
北側は松並木のある散策路などがあります。そんな北側に
約1万2千平方メートルの大型複合遊具を設置。休日は大勢の親子連れで
にぎわう人気スポットとなっています。幼児から児童までがより
安心して楽しく遊べるよう4つにゾーンわけ。難破船やクジラ、
火山などをモチーフにさまざまなアイデアを盛り込んだ遊びの空間を
創造しています。

霞ケ浦緑地 (四日市市)の写真

仙台空港臨空公園 (岩沼市) | 宮城県

2013.09.25
滑走路の南側に隣接し、飛行機の離発着を間近で見ることができる
「仙台空港臨空公園」。
芝生広場、展望台、遊具、トイレなどが設置されています。
海が近いこともあり、写真の複合遊具の柱はアルミニウム合金製、
ブランコの柱はステンレス製です。特別なものがなくても、吹く風の
心地よさや、開放感。飛び立つ飛行機を見つめる時間など、
家族はもちろん、ひとりでも安らげる。そんな公園です。

仙台空港臨空公園 (岩沼市)の写真

大子広域公園 (茨城県) | 茨城県

2013.09.11
大子広域公園は茨城県の豊かな自然や温泉資源を活かし、県北地方の
スポーツレクリエーション活動の拠点となっている県営の都市公園です。
温泉プールや、キャンプ場、多目的運動広場、テニスコートなどがそろい、
四季をとおしてたくさんの人に利用されています。大子町の避難場所にも
なっている大子広域公園では災害時の対策のひとつとして
ソーラー照明灯を導入。高性能で曲面構成さtれたやさしいデザインの
ソーラー照明灯が豊な自然環境の景観を損なうことなく調和。明かりを
灯し続けています。※撮影は2013年3月です

大子広域公園 (茨城県)の写真

宇佐市総合運動場交流広場(古代ふれあい広場) (大分県) | 大分県

2013.09.10
宇佐市総合運動場の周囲は、数々の古墳や出土品が発掘され、近隣には
史跡公園「宇佐風土記の丘」や「大分県立歴史博物館」があり、
歴史を身近に感じることができる場所です。
これらの歴史文化をイメージし、宇佐市総合運動場 古代ふれあい広場の
遊具施設に「悠久の時を越えてよみがえった古代の都を、家族みんなで
遊び尽くそう!」というストーリーを、デザインコンセプトとして
盛り込んだ遊具です。幼児用遊具、日除け、健康器具など家族で
利用しやすいアイテムが揃った公園です。

宇佐市総合運動場交流広場(古代ふれあい広場) (大分県)の写真

さいたま市 別所沼公園 (埼玉県) | 公園

2013.05.10
別所沼公園はメタセコイアの並木が印象深い公園です。園内は足腰に
やさしいゴム舗装を施した1kmのジョギングコースや遊具をはじめ、
宿泊施設やレストランも併設。この季節には庭園ビアガーデンも
オープンするなど、まさに市民の憩いの場と呼ぶにふさわしい
コンテンツが揃っています。近年おこなわれた遊具エリアの改修では
より快適なスペースづくりとして幼児、児童、健康とエリア分けを実施。
長い歴史をもつだけでなく新たな魅力を加え常に市民から愛され続けて
いる別所沼公園です。

さいたま市 別所沼公園 (埼玉県)の写真

さいたま市 太田窪四丁目公園(埼玉県) | 公園

2012.10.19
地域住民の方々の要望から生まれた公園です。トイレは清潔で赤ちゃんの オムツ替えができるスペースがあったり、幼児から児童まで遊べる遊具が 揃っているほか健康遊具も配置されています。防災拠点にもなるよう 地下には「雨水浸透枡」を備えたり、災害時にテントが設営できる シェルターやかまどベンチも設置されています。

さいたま市 太田窪四丁目公園(埼玉県)の写真

pagetop